家族や知り合いを探す行方調査

突然愛する家族や恋人が行方不明になってしまった、
お世話になったあの人にもう一度会いたい、
そんなときは探偵に会いたい人を探してもらうことができます。

 

もちろん探偵に依頼をしたからといって100%探している方が見つかるとは限りませんが、
自分で会いたい相手を探すよりも、見つかる可能性が高くなります。

 

行方調査の場合、家族が捜してほしいと言う依頼が最も多いのです。

 

例えば離婚した父や母と連絡を取りたい、
生き別れた兄弟、姉妹を探してほしいという依頼が行方調査の大半を占めています。

 

行方調査に関しては、
基本的には依頼主から寄せられた情報を元にして調査方法が異なります。

 

一般的に行方調査の方法は
その行方がわからなくなった理由に応じて対応方法が異なってきます。

 

一つは依頼主が探している人自らが希望して、自分の身を隠しているケースです。

 

そしてもう一方は依頼主が探している相手が、
特に身を隠しているつもりはなく普段通り日常生活を送っている場合です。

 

この場合、後者は比較的高い確率で相手を探すことが可能になりますが、
前者の場合は行方調査が難航するケースになります。

 

それは探している相手が自分の意志で身を隠しているため、
名前や経歴などを偽って生活している可能性が高いからです。
そのためどんなに探しても、相手を見つけることが難しいのです。

 

探している方が自ら身を隠している場合、
依頼主が相談に訪れた時に持ってきてくれる情報の量や内容に応じては
調査を続けることが難しいと判断し、事前に調査を断られてしまうケースもあるようです。

 

どうしても人を探したい方は、早速探偵の力を借りてみましょう。東京ならコチラの事務所が実績豊富でオススメです。

ストーカー被害を調べる

ストーカー被害が後を絶たず、
最悪のケースではストーカーによって命を奪われてしまう事件が今もまだあります。

 

被害に遭った方の中には、
何度か警察に相談に訪れているのに警察ではまだ具体的な被害がないということで、
まともに対応してくれなかったため最悪の結末を迎えてしまったのです。

 

ストーカー被害はエスカレートしていくと危険性も高まりますので、
早めに対応しておくのが望ましいです。
探偵事務所ではストーカー対策の相談も受けてくれています。

 

ストーカー被害を受けていると、
ストーカー行為を行っている相手が誰であるか特定できている場合と、
正体不明のストーカーから被害を受けているケースがあります。

 

プロの探偵がストーカー行為を働いている決定的な現場をおさえて
それを証拠としてつかんでくれます。
ストーカー行為にもさまざまな手段があり、
プロの探偵はその方法や手口に関しても熟知していますので、
直接依頼主に被害が及ばないように配慮してくれます。

 

場合によっては弁護士や警察と連携して
これ以上のストーカー行為を重ねないように再三注意を行ってくれます。

 

依頼者としては、ストーカー行為が起こるようなきっかけになるような出来事を
しっかりと探偵事務所に話しをしておく必要があります。

 

ストーカー被害の多くが、
以前の交際相手や一方的に好意を寄せているなどの極端な恋愛感情が
ストーカー行為に走らせる原因になっています。

 

ストーカー被害を受ける原因となった理由を特定することで、
ストーカー行為を働いている相手を特定しやすくなるのです。

 

 

更新履歴