盗聴、盗撮の機器を見つける

盗聴や盗撮の被害は自分にまで及ばないと甘く考えている方が多いのですが、
それは考えが甘いです。

 

今は簡単に盗撮や盗聴ができる機器が手に入るため、
素人でも簡単に盗撮や盗聴を行うことができるのです。

 

年間で盗聴や盗撮の機器がどれだけ販売されているのかをご存じでしょうか。

 

何と年間で20万個以上の盗聴器、盗撮機器が販売されているのです。

 

盗聴や盗撮と聞くと映画やドラマの中の話ではなく、
実際に一般家庭に取り付けられているケースが大半を占めているのです。

 

盗聴、盗撮もストーカー行為の一環としてよく使われています。
元交際相手がストーカー行為に走るケースも多く、
相手の家に侵入して盗聴器や盗撮機を仕掛けておくのです。

 

盗聴、盗撮されていることを気が付かずに普段通り生活していると、
相手に全ての言動が知れてしまっています。

 

これだけ盗聴、盗撮被害が広がっているのですが
実際にそれを取りしまる法律は罰則が軽いため、
たとえ処罰されたとしてもそれほど重い刑にならないのが現状です。

 

よく被害にあいやすいのが、公共のトイレやロッカーです。
女子トイレに盗撮用のカメラを仕掛けて置いて中の様子を撮影しているのです。
それがネット上などで公開されてしまったら、
嫌な思いをするのは盗聴、盗撮被害にあった方たちです。

 

それを考えると自分の身は自分でしっかりと守るしかありません。
探偵事務所では盗撮機、盗聴器を発見するための専用機器を持っていますので、
依頼を受けた場所にて盗聴、盗撮の機器の有無を調べてもらえます。